最新の記事

親を大事に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の親を大事に考えて行動してくれるひとに対しては
やはりとめどなく奉仕したくなりますね。
自分もそうあるべきで、そう在ろうと思います。
究極は、親に限らず年配者の方々も、今の日本を築いてくれたみなさんにも…ですね。
しかしながら
哀しいかな
相手の親を大切に、
もっというならば
相手の気持ちを害さないようにしようと意識しているひとばかりでもないようで
もちろん私も6歳からの理念として親に言われ続け、意識はしていますが、まだまだ生涯修業の身です。
よほど理念として
相手の気分を害さないように
ということを意識していなければ
意識しないことは達成するわけがないので
よほど習慣化されていれば話は別ですが。。
少なくとも
習慣化されず意識もしていないひとは
相手の気分を害してしまうんですね。
親を大事に考えていない行動をされてしまった場合。
限りなくせつなくなりますね。
相手の気持ちを考えないやりかた、行動をとられてしまうと
若いから…
と思う一方で
なにかをしてあげたいな
という気持ちが
まっ白 白~の綺麗綺麗な白紙になってしまいますね。
自分に失礼なことをされるより
私の場合は 炎がメラメラになるかもしれません。苦笑
誰を大切にしているか。
儒教や仏教など 世界の宗教にあるだろう
親を大切に…という考え方は
私は間違えていないと確信しています。
親を大切にしていて
友人・知人・知り合い・ビジネスパートナーが
相手の気持ちを考えていない 対応をされると
言葉にできない憤りに近い呆れ感を感じます。
若いから…とか
○○だから…などと
頭を切り替える必要があるかもしれません。
そんなつもりではなかったのでしょうね。
と大きく見守るのが一番かなと思っています。
《ひとのふりみて わがふり直せ。》
すべての方々が 師ですね。
皆さんに感謝。

関連記事

プロフィール

シバタチエ

女運気UP術師・シバタチエ
自然界の原理原則を基に運気UPし続けているプロ
6歳から自然界の原理原則や自己啓発を学びながら、運気アップや引き寄せの方法を20年以上実践し実績を出す。
海外留学や19カ国29都市へ訪問、海外事業を経験。
3ヶ国語話せる国際派ミセス。
東京都出身 4月6日生まれ
Mrs Queeen 2016 優勝
Mrs Japan Asia International 2016 日本代表
Mrs Asia International Goodwill 2016 優勝
Mrs Japan Noble Queen International 2016 日本代表
Mrs Asia Noble Queen International 2016 準優勝
詳しいプロフィールはこちらから

アーカイブ

カテゴリー