最新の記事

日本語教育と英語教育の違い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先生を見れば

生徒がどのような性格になるか
だいたいわかるものですが


今日は
確信を得たことが一つあったので
それを書きます。



言語と文化は表裏一体というのは
その通りで

私も英語を話すときは
サバサバ系の思考になり
細かいことが気になりません。

プロセスよりも
結果を大事に考えています。



一方

日本語を話すときは
結果よりもプロセスを大事に話すよう
心がけています。


ゴメンねを多く用いるようにしたり
回りくどい言い方かもしれませんが
オブラートに包むような言い方を
心がけています。


性格が変わるというのは
その通りです。



英語では

細かいことを気にしません。




日本語に由来する文化的特徴は

細かいことが気になりかねない。
枠に はめさせたがる。
重箱の隅をつつくようなことを
気にするので余裕がないようにみえる。
臨機応変さが謎。



これらは


今日 偶然
公園にて児童館の職員の方が
開いていたイベントにて
児童館に勤める職員の方々の言動や
子供達の言動から
感じとったものです。




同じ日本人でも

めばえ教室の ささはら先生みたいな
先生がいたら
いいのになぁ。


と思った次第で

それくらい
めばえ教室のささはら先生の徹底ぶりは
素晴らしいものですが

もしかしてささはら先生、、
かなり英語も出来るのでは??(笑)



話を
元にもどします。




娘が通う学校のクラスメートの女の子に


この学校では
珍しい面白い言動をとる子がいました。


仲間はずれみたいなことをしたり
カマをかけたり
内と外をわけたがったり
ちょっと太めの女の子を指差しして
デブと言ったり。苦笑


PCM心理学でいう
プロモーターです。

仲間のイザコザを作って楽しむタイプの)
女の子でした(苦笑



同じ学校の他の女の子達は
仲間はずれみたいなことをする子はおらず
内と外をわけたがって
それを行動に移す子は 
そこまではっきり見かけません。


女の子は
発達が早いとはいえども


お迎えの時間とアフタースクールの間の時間の休憩時間に
クラス全体を見ていれば
少数派の行動が浮き彫りになるのは
当然のことですよね(苦笑)



いつもその子のおばあちゃんが迎えにきていてお母さんにあったことがないのですが
おばあちゃん曰く、日本の保育園にも行っているそうです。


なるほど。


日本人日本人の中で保育園に預けられているので、日本人思考で日本語がベースになっているのだと。


だから 
細かいことを気にしたり
人と自分は違うということを見せつける発言をして、内と外をわけたがったり。。

ちょっとぽっちゃり系の
クラスメートに
デブと指差しするのは
如何なものかと思いますが…。






娘には
どのような性格を望むか。


素直さと 愛嬌をもって
分析力と自己統制能力をもち
 自己責任で行動し
目上の方々から可愛がってもらえるような子供になってもらいたいですね。






そのための道は

どこになるでしょう。









関連記事

プロフィール

シバタチエ

女運気UP術師・シバタチエ
自然界の原理原則を基に運気UPし続けているプロ
6歳から自然界の原理原則や自己啓発を学びながら、運気アップや引き寄せの方法を20年以上実践し実績を出す。
海外留学や19カ国29都市へ訪問、海外事業を経験。
3ヶ国語話せる国際派ミセス。
東京都出身 4月6日生まれ
Mrs Queeen 2016 優勝
Mrs Japan Asia International 2016 日本代表
Mrs Asia International Goodwill 2016 優勝
Mrs Japan Noble Queen International 2016 日本代表
Mrs Asia Noble Queen International 2016 準優勝
詳しいプロフィールはこちらから

アーカイブ

カテゴリー